岡山の舞踊・演劇の感想

岡山のダンス(主にコンテンポラリーダンス)や演劇の感想を書きます。

「5th IPU Dance Performance in Okayama 2022 」レビュー

2022年12月26日(月)に岡山市民会館大ホールにて「5th IPU Dance Performance in Okayama 2022 -第5回 IPU・環太平洋大学ダンス部主催発表会-」が行われた。環太平洋大学ダンス部主催の発表会で、環太平洋大学チアリーディング部やダンス部の学生が指導するキッズチアダンサーをはじめ180人以上の出演者により22作品が上演された。

キッズチアダンサーのかわいらしい演技や中学生とは思えない高いテクニックが観客を魅了した。チアリーディング部の演技も迫力満点で会場は歓喜に包まれた。

環太平洋大学ダンス部といえば高いテクニックと優れたコンビネーションをもつダンス部であり、それを存分に堪能できた発表会であった。

『跳進~The throb for tommrrow`s life~』はダンス部が新たな段階に進んだことを感じさせた。この作品は大人数の群舞であるが、今までの作品とすこし毛色が違う。

環太平洋大学ダンス部の大人数の創作ダンスといえば、岡山出身の画家竹下夢二をテーマにした『おもいびと ー夢二、その抒情ー』といった具体的な人物をモチーフにした作品が多い。

ところが、この作品は具体的な人物を表現しているわけでない。衣装も緑や黄色といったカラフルな色使いで幾何学的な図形がプリントされた抽象度の高い衣装であった。

所々に挿入されるストイックな動きはダンスの意味や感情を一切排して、身体動作の面白さを追求するポストモダンダンスの影響を感じる。

もちろん、それまで培ってきた抒情的な動きもあった。彼女達はそれまで行なってきた抒情的な動きとポストモダンダンス的な動きを融合し新たな身体表現を模索していた。

私はその試みを評価したい。抽象度を上げることによって環太平洋大学ダンス部のテクニックとコンビネーションをストレートに感じる作品となっていた。

劇団はぐるま『学演』レビュー

2022年12月17日〜18日、劇団はぐるまの公演「学演」が行われた。平成13年に廃校となった旧岡山市立内山下小学校で「歩み」と「夏芙蓉」の2作品が上演された「夏芙蓉」は日にちによって出演者が一部変わっており、私は17日に鑑賞した。

 

廃校となった学校の教室で学校を舞台にした演劇を上演するというサイトスペシフィックな試みである。会場となるのは旧内山下小学校の理科室。といっても理科室らしい大きな机はなかった。教室の半分に一般的な教室にある学校机と椅子が並べられており、普通の教室の雰囲気だ。教室のもう半分に観客用の椅子が並べられている。

 

本物の教室で行われる「歩み」は忠(武内勇希)と秀(鈴木陽覚)そして、結衣(三谷彩菜)が母校を訪れ恩師のハルちゃん先生(ちえみ)と再会する。久しぶりに再会した秀は結衣のことをひそかに想い続けている。という青春ストーリー。

 

15分ほどの短編のためストーリーの展開はシンプルだ。シンプルすぎて少し物足りない。役者たちの絡みが見たかったというのが本音である。若者ならではの初々しい恋愛模様は見ていて微笑ましかった。

 

「夏芙蓉」は高校演劇ではたびたび上演される名作だ。舞台はとある高校の卒業式の夜。千鶴(濱田優生)は仲のいい舞子(水田菜月)、由利(寺岡久美子)、サエ(岩城梨菜)を呼びだす。集まった女子4人は思い出話に花を咲かせる。しかし、千鶴はなにか言いたいことがあるようで。というストーリー。

 

女子高生4人による思い出話が物語のほとんどを占める。そのリアルな会話には物語の帰結への緻密な伏線が込められている。しかしそれは物語の後半まで物語に大きな動きがないとも言える。つまり、そこまで観客を引き付けるかは役者の演技と演出に掛かっている。

 

おバカで愛嬌のある由利を演じた寺岡久美子はコミカルな表情と演技で観客の笑いを誘った。ボーイッシュなサエを演じた岩城梨奈は2021年に岡山市で行われた徘徊演劇『よみちにひはくれない』で拝見したことがあるが、その時とは違う演技で、演技の幅の広さを感じた。千鶴役の濱田優生と舞子役の水田菜月はふたりの掛け合いが光った。酢昆布のくだりは、漫才を見ているようなスピード感ある掛け合いが面白かった。舞子が千鶴から酢昆布を貰うシーンで舞子が酢昆布を2枚とってしまうアクシデントがあった。アドリブで対応し、うまく笑いへと転換していた。その時の彼女たちは自然体で演じていて、好感をもった。

 

女子4人のたわいもない話で盛り上がってさわぐ姿は学生時代の休み時間に集まって話す女子たちを思い出した。実際の教室で演じられることも相まって、女子たちのしゃべりを観察しているような感覚を覚えた。演出を担当した小林千紘は今回の演劇はリアルの追求を目指したそう。その追求はほぼ成功しているように思う。ただリアルを追求するあまり、単調な部分があったというのも事実である。

 

歩みと夏芙蓉。その共通点は自分の思いを他者へ伝えるところにある。特に若者ならではの自意識や恥ずかしさ、そして、伝えてしまえば関係が壊れてしまうのではないかという恐怖。さまざまなものが混ざりあった感情を乗り越えて自分の思いを伝えるという共通点がある。

 

この演劇を見ていて学生時代、言いたくても言えず後悔したあのときのリアルな感情が蘇ってきた。一歩踏み出せていれば違った結果になったのだろうか。後悔を積み重ねだんだんと伝えたいことを伝えられるようになるのが大人だとしたら、私は成長しているだろうか。自分のことを振り返えらせてくれる公演であった。

『まつろわぬ民2022~更地のうた~』レビュー

 『まつろわぬ民2022〜更地のうた〜』が2022年12月14日、天神山文化プラザホールで上演された。平成狸合戦ぽんぽこの主題歌『いつでも誰かが』で知られる白崎映美の主演の舞台。朗読劇と白崎映美のライブの2部構成で行われ、演奏家ファンテイルによるギターの生演奏が舞台を彩る。
   舞台は2022年福島。老人介護ホームから行方をくらました老婆スエ(白崎映美)を追って福島にやってきた介護職員のかおり(吉田佳世)。そこで元牛飼いの安島(佐藤正宏)とスエの家を解体する建築業者の山路(堀井政宏)と出会い、交流していく姿を描いた。
 舞台セットは出演者が座るイス4つと、演奏するギターが並べられているだけのシンプルなものだ。ファンテイルの繊細でやさしいギターの音色で舞台の幕があけると演者がかくれんばの「もういいかい」「まあだだよ」の掛け声と共に登場し、観客を2022年の福島へといざなう。
 まず初めに胸に残ったのは、劇の中で描かれている被災地の今の姿だ。被災地は今一面の更地にぽつんと数軒のアパートが建っている。かおりのセリフを借りれば「SF映画みたいでシュール」な光景だ。また、家が取り壊され更地が増える光景に対して「まるで後から来た津波だな」という安島の台詞は、実際に震災を経験したものでないと出てこない生々しい言葉だった。メディアにはなかなか出てこない被災地のリアルを見事に描いていた。
   物語ではいまだ傷が癒えない被災者の姿にもスポットが当たる。安島は震災によって可愛がっていた牛を見捨てたことをずっと後悔している。山路も妻を津波で失っており、妻の遺品である壊れた携帯を持ち歩いている。終盤、その携帯に電話が掛かってきて山路は妻からの電話なのではないかと思うシーンがある。このような霊的現象は、実際に東日本大震災後に起こったらしい。ノンフィクション作家・奥野修司の『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』という本は3・11で近親者を亡くした被災者が体験した霊体験がまとめられている。震災で亡くなった義兄から電話がかかってきたという類似した話も収められていた。なぜこのような現象が起こるかわからないが、いなくなってしまった人の忘れたくないという気持ちが霊的現象を引き起こすのかもしれない。
 そして、物語は現代にとどまらず古代にさかのぼる。劇のタイトルにある「まつろわぬ民」とは、古代大和朝廷の支配に反発した東北の民の蔑称である。物語中盤ではスエより大和政権に迫害された鬼の話が語られる。鬼はまつろわぬ民のメタファーだ。権力者によって悪者にされ、最後には忘れ去られる。歴史の中で迫害されてきた人々と被災者たちが置かれている状況が重なり合っていく。
 さまざまな角度から震災を描く中で浮かび上がってくるメッセージは、いなくなってしまったもの達を忘れないでほしいという願いだ。物語の最後、かくれんぼの掛け合いをする。。特に最後にはスエが「まあだだよ」と言い続けるその姿には心打たれた。「まあだだよ」と言い続ける限り「もういいかい」と言葉が返ってくる。だからこそ、それを言い続けるのだ。そこに3・11の被害者だけではなく過去に迫害されて消えてしまったもの達、すべてを忘れないという意志を感じた。愛する人を忘れず、亡くなった後も忘れないことはつらいことだ。亡くなったという事実と向き合い続けなくてはいけないからだ。しかし、それを受け入れて忘れないと誓うスエの心意気に観客席からはすすり泣く声が聞こえた。
 それから、ファンテイルのやさしいギターと白崎映美の伸びやかな歌声にのせて、劇のために書き下ろされた「更地のうた」が歌われ幕を閉じた。2部のコンサートでもアンコールで歌われた「更地のうた」は亡くなった人へ思いを込めた鎮魂歌であると同時に、過去を忘れずに生きる人たちへの讃美歌でもあった。

公演情報「 日本昔ばなしのダンス 」

日時:2月19日(日)11:00~ 15:00~

場所:西川アイプラザ5階

年齢:3歳以上

料金:一般2500円、3歳~高校生1000円

販売:12月9日(金)岡山シンフォニーホールチケットセンターやイープラスで販売

公式サイト:日本昔ばなしのダンス | 岡山芸術創造劇場ハレノワ

 

 学ランダンスで知られるダンスカンパニー「コンドルズ」を率いる近藤良平。そして「マグナム☆マダム」を率いるダンサー・振付家の山口夏絵。二人が日本の昔話をモチーフにしたコンテンポラリーダンスを岡山で上演することが決まった。

 コンドルズは男性のみで結成されたダンスカンパニー。そして、マグナム☆マダムは女性のみで結成されたダンスカンパニー。

 

コンドルズ

www.youtube.com

マグナム☆マダム

www.youtube.com

 この二つのカンパニーはどこか似ている。それは作品にも表れている。コンドルズは学ラン姿で踊る。そして、マグナム☆マダムも白のタンクトップにジャージというユニフォームで踊る。ふたつともどこかコミカルで楽しく元気をもらえる作風が特徴だ。

 コミカルさとは、ありえないさや現実とのギャップから生み出されるものだと思っている。コンドルズのおじさんたちが学ランをきて踊りまくるシュールさ。マダム☆マグナムの白のタンクトップ、ジャージ姿のおばさまたちで肉を震わせ踊り狂う姿。どちらも現実にはお目にかかれなさという意味では共通しているのだ。 

 そんなどこか似たダンスカンパニー・主宰のふたりはどんな昔ばなしのダンスを展開するのだろうか。さすがに学ランとジャージ姿はでてこないだろうが、彼らのあふれ出る個性がどのような形で昔話と融合して表現されているのか。今から楽しみだ。

燐光群『藤原さんのドライブ』レビュー

差別を知ること

 岡山県出身の劇作家・坂手洋二率いる燐光群の新作『藤原さんのドライブ』が、2022年11月29日に岡山私立市民文化ホールで行われた。ハンセン病の療養所である長島愛正園を舞台にした作品である。
 物語は現代で新型コロナウイルスと思わしき謎の感染症にかかってしまった男とNHKの朝トラ「ちむどんどん」にも出演していた円城寺あやが演じるホシが隔離施設として再び役割を持った長嶋に送られるところから始まる。
 そこで、ハンセン病が完治しても島に残ったヤマモトさんやタマさんといった人たち。そして、入所者の帰省の際にドライバーとして活躍したフジワラさんが登場する。元ハンセン病患者と謎の感染症にかかってしまった人たちとの交流を描いた現代と過去がリンクした作品である。さらに、長島には隔離者が出られないようにバリアが貼られているという設定もあり、どこかSF的な雰囲気も漂う。
 物語で描かれるのはハンセン病の差別や人権侵害といった問題だけではなく、まるでマインドマップのように現代社会の抱える問題が次々と浮き出てくる。作中、Jアラートが鳴り響き、北朝鮮のミサイルが近くに被弾しますというアナウンスが鳴り響いたり、実際に使用されている安楽死できるガスマスクが出てくる。日本にはこれだけ多くの問題が隠され残されているのだということを改めて思い知らされた。実に坂手洋二らしい戯曲である
 さまざまな問題が定義されていく中で、その根本にあるのは、命とは、人権とは何かということだろう。
 途中、藤原さんの過去の回想シーンがはじまり藤原さんがドライブ車で入所者の公共をめぐるというシーンが出てくる。そこでは様々な心情を持った入所者の複雑な心境が語られる。
 例えば、現代でも島に乗って暮らすヤマモトさんの回想シーンでは、ヤマモトさんは故郷に戻っても実家には帰らず、ただ周囲を回るだけだ。世間の目を気にして実家にすら戻れないのだ。ヤマモト役の川中健次郎の諦めに似た、寂しそうな演技が観客の心を掴んだ。 
 山本さんと同じく島に暮らすタマさんのシーンでは、ひさしぶりに実家に戻っていると自分を追い出した人たちは全員亡くなっていたことがわかる。タマを演じる中山マリの「ざまあみろ」と言いながらもやはりどこか寂しそうな演技が心に残る。
 さらに物語が進むにつれて 2016年に神奈川県で起きた相模原障害者施設殺傷事件をモチーフにした話まででてくる。元障害者施設職員が入所者を殺傷したというしたという衝撃的な事件だ。その障害者施設の元所長という(設定の)人物が出てくる。
 ここから見えてくるのは坂手洋二もパンフレットで述べていることだが、ハンセン病と言う差別も現代では克服したように見えても、実は姿を変えて別の人たちを差別しているということだ。差別とはその対象を変えて現代にまで残っているということなのだ。

 長島に閉じ込められた人たちの何人かは脱出することを決意するのだが、それは、ひょんなことから島の外に出た時に世間周辺の街に人がいなくなっているということを知ったからだ。おそらく、北朝鮮のミサイルが着弾したので避難したのだろう。むろん明確に語られることはないが。ただ島全体にバリアが張られていたとしたら爆発も見えなかったとすれば辻褄はあうだろう。
 話が反れたが、それが伝えているのは、世間の目が消失することによって島から脱出できたように、世間がかわることでしか、差別を乗り越えていくことはできないということだろう。所詮は綺麗ごとなのかもしれない。しかし、それでもやらなければならないのだろう。
 そのためには知ることが大事なのだ。ハンセン病とはどのような病気なのか(実際、私はこの演劇をみるまでハンセン病とはどのような病気なのかよくわからなかった)や差別さえている人の気持ち。なにかひとつでもいいからそれを知っていくことが私たちの行動が変わり、差別の解消に繋がるのだ。この演劇を見ることでそれらを知ることができるようになっている。その点ではすぐれた戯曲であると言える。

「そして、六度目の始まり」劇団ひびき レビュー 

共に食事をすることの大切さ

 天神山文化プラザで公演された劇団ひびき60周年記念公演である。劇団ひびきは岡山でもっとも歴史のある劇団である。11月26日から27日に天神山文化プラザで上演された。今作は公演日によってエンディングが変わるマルチエンドを採用している。私は26日のみ鑑賞した。そのため、26日の公演の感想となっていることを承知願いたい。

 あらすじは60年記念公演を終え稽古場で打ち上げを行う劇団員。その劇団に残されていたノートには不思議な話があった。劇団の結成当初ルリという謎の女性がやってきて「60年後にまたくる」と言い残して去っていったという話だ。そして、60年後の今日稽古場に本当にルリという女性がくるのだ。実はルリはアンドロイドであり彼らは、人類滅亡を阻止するか、人類滅亡を阻止する有益な方法をルリに教えるというものだった。劇団員たちはルリの問いを考えていくという物語だ。

 この作品では、みんなで食べるシーンがよく登場する。お好み焼きにカレーライス、お茶を飲むなど。しかも、実際に舞台上でお好み焼きを焼いて、カレーを装い、役者が食べるのだ。劇場にお好み焼きやカレーのにおいが劇場に充満した。 食べる振りをするだけでもよかったはずなのに、手間をかけてまでリアリティを追求するのはなぜか。

 食はこの作品で重要な要素だ。何度も食事シーンを見せることによって、登場人物たちの絆が深まっていくのだ。劇団員とルリ。彼らは食事するたびに絆が深まっていく。機械的で真面目なルリのかわいらしい一面などが見える。ここはルリ役・渡結衣の機械的で抑揚のない演技から人間らしい演技のギャップを上手く演じていた。

 私はこのシーンを見ていて山極壽一の言葉を思い出した。山極寿一は触覚や嗅覚、味覚という「共有できないはずの感覚」が、信頼関係をつくる上でもっとも大事なものと述べている。以下、山極の言葉の抜粋だ。

 

チームワークを強める、つまり共感を向ける相手をつくるには、視覚や聴覚ではなく、嗅覚や味覚、触覚をつかって信頼をかたちづくる必要があります。

 

合宿をして一緒に食事をして、一緒にお風呂に入って、身体感覚を共有することはチームワークを非常に高めてくれますよね?

 

 視覚のような共有できる感覚ではなくて、味覚という身体感覚を共有することで仲間意識が芽生えるのだ。この作品が描きたかったものはそれだ。劇団員たちとルリが仲が深まる様子を上手く表現していると言っていい。コロナ禍で分断され、直接的な関わりが薄くなっている現代社会にこそ響くところがある。

 ところが、皮肉にもたべることが悪い部分にもなっている。というのも人類滅亡の回避する手段として考え出したのは、食によって皆、仲良くなっていった。同じように世界規模で食と平和のためのオリンピックのようなものを開催することだ。確かに、団員たちとルリはご飯を共に食べることで絆を深めていった。(といっても作中では2日間しか経っていないのだが)しかし、それは5人という少人数だからこそだ。山極壽一も言っているが、一人の人間が繋がれるのは150人が限界だ。全世界の人に通用する訳では無いのだ。少し疑問を感じてしまった。

 ストーリーはやや疑問に残ったが、彼らが表現しようとしたことは評価できる。コロナ禍という分断された時代に共に食べることの大切さ。そして、実際に舞台上で調理することによって劇場内に食べもののにおいが充満し、観客もそれを感じる。つまり、劇場にいた全員が同じ身体感覚を共有していたのだ。その時、劇場は不思議な一体感に包まれていた。その時、ホールの中では確かに平和の匂いを漂わせていた。

 

引用文献(参照2022年12月5日)

cybozushiki.cybozu.co.jp

Dance performance2022~今を描く~ レビュー

 11月15日にDance performance2022~今を描く~が行われた。岡山県現代舞踊連盟の20周年公演である。岡山県で活動するダンサーたちが集い、各々の作品を発表した。まず感動したのはほぼ満員の観客席だ。もちろん、一つ席を空けての着席だったが、それでもコロナ禍になってから、ここまで満員になったのははじめてみた。観客が戻りつつある。アフターコロナという今を感じさせた。そして同じように、発表会の各々の作品も進化していて今を感じさせた。

 

 道満の「ここにいる」は、虫が卵から孵化するまでを描いた作品だ。卵という殻から突き破る様子は葛藤する人間の姿と重なる。私は2020年の「学びの発表会」での道満の作品を思い出した。これも現代舞踊連盟の企画した発表会で、道満は「居場所」という作品を発表した。

 この作品もまた場所に閉じ込められてもがくもその場をぬけだす作品だった。道満曰く服を脱ぐのは脱皮のメタファーだそう。構造としては「居場所」と「ここにいる」はまったく同じといっていい。同じモチーフを繰り返すのは、彼女にとって囚われている感覚があり、そこから次に進むこと。これが彼女にとってのテーマなのだろう。このふたつの作品を比べることで彼女の心情の変化が見て取れる。

 特に顕著なのは帰結にあるように思う。居場所では、服を脱ぎゆっくりと前を向いて下手へと歩いていくというラストだった。背筋を伸ばして歩くその様は、しっかりと生きていくという力強い決意を感じさせた。しかし、「ここにいる」は殻から抜け出た時、前傾姿勢で左右を見ながら進んで行った。それはまるでようやく出れたのに、これでいいのかと迷っているように見えた。何度も表現しようとしたモチーフの帰結は、前を向いてまっすぐ進むのは難しいということ。それでも迷いながら進むという彼女なりの答えを見つけだしたように感じられた。それは後退ではないと思う。無理に成長しない。迷いながらも進むこと。それは彼女なりのリアリティを感じさせた。彼女にとって進歩なのだろう。彼女が次にどんな作品を創作するのか楽しみだ。

 進化という意味では武内の作品もまた進化している。光に対する関係性だ。武内は光をモチーフにした作品を多く発表している。2019年の学びの会ではコウタイという作品を発表した。行ったり来たりして、「後退」していた武内は現状を打破しようと「抗体」となり最後には光り輝き「光体」となって前に進んでいくという作品だった。

 ゆるびの舎で行われた昔ここは海だったは岡山県早島町にある古民家「ゆるびの舎」で行われたアートイベント古民家の土間に水を入れた水槽を設置し、そこに光を当てることで、波の模様が光となって床に映し出される。土間に海を創出させていた。

 海に流されながらたゆたう踊りは、まるで海によって浄化されていく様を思わせた。

このように、武内にとって光とは成長や解放のようなポジティブな象徴であったわけだ。

だが、今回の作品はどうか。暗闇の中から読書灯のようなライトに照らされた武内。だが、光によって照らされた場所にしか動けないようだ。別の照明が当たり自由に動ける空間が増え、また別の空間に照明が当たり自由に動ける空間が増えというように、まるでマトリョーシカのように、横並びに大きくなった照明の光が増えていった。最後に照らされた場所にあったのは地球儀であった、竹内はその時期を持って踊り始める。驚いた。浮遊感を感じさせるその動きは月と地球の関係のように思われた。武内が表現しているのは月と考えれば先ほど、なぜ光にとらわれたような動きをしたのかなんとなくわかる、月は太陽に照らされているから輝く場所がないと太陽間に寝られない、それは光から逃げられないという呪縛のようなイメージに重なる。

 このように、武内にとって光の関係が過去作と比べて変化しているのだ。光がむしろ自分の行く手を阻むもの、ネガティブなイメージを持ち始めたのである。そして、最後にはその光から自分で離れたのだ。竹内が光というモチーフに新たな側面を見出したように見えた。陰の側面に光を当て始めたように見えた。これは大きな変化であり、進化と言っても良いだろう。

 

 ダンサーたちが積み上げてきた歴史の層を感じられる発表会であった。ダンサーたちは確かに今を描いていた。作品はダンサーたちのどのように生き、今をどのように感じているかを表出するものだからだ。はたして来年以降はどんな進化を見せ、どんな今を描くのだろうか。